ハチスタイル

副業、お金、働き方について考える情報メディア

費用、立ち会い、解約金、全て不要で電気代を安くする方法

エネルギー

個人、または法人の【北海道電力・東北電力・北陸電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力】をお使いの方は電気代が安くなるお得な情報です(オール電化の人は高くなる可能性があるので申し込みしないでください)。​​

現在契約している各電力会社から【Xoomエナジージャパン】という会社に支払先を切り替えていただくと電気代の年間コストが下げられる内容となります。

メリットとしては下記のとおりです。

  1. PC、スマホから3~5分程度の登録で電気代が安くなります。
  2. 変動プランのため(現在の各電力会社も同じです)、月々の電気代が安くなるか今と同じとなりますが、毎月今より高くなることはなく、年間トータルでは安くなります(毎月変動するので、毎月いくら安くなりますという数字は出せません)。

  3. 表記としては12ヶ月契約と書かれていますが、携帯電話のように縛りではないので、もし元に戻したいとか、他の会社に切り替えたいなどの理由で1年以内にいつ解約しても一切の解約料はかかりません。
  4. 追加費用や切り替えによる工事などの立ち会いは必要ありません。

申し込みをしてもらったら切り替え確認の連絡がXoomエナジージャパンより届きますのご確認いただくだけです。

お申込みいただく場合に必要なものは下記の3点だけです。

  • 毎月電力会社から送られてくる検針票
  • 身分証明書(運転免許証(表裏)または健康保険証)をスマホなどで写真に撮ったもの、もしくはスキャンしたもの
  • 引き落とし用のクレジットカード(自動引き落としサービスを選択した場合)

切り替えの申し込みをしていただく3~5分程度の時間以外で、デメリットは一切ありませんので一度検討してみてください。

お申込みいただける場合、Xoomエナジージャパンのサイトに飛びますので下記よりお申込みください。

途中でビジネスIDという項目に【6711065298】という数字が入っていますが、私の代理店コードですので消さずに進めてください(消してしまうと手続きが進められません)

>> 申し込み手順マニュアル(PDF)

内容としては以上となりますが、よくいただくご質問への回答も下記に記載しておきます。

よくある質問

Q1:Xoomエナジージャパンってどんな会社?信用できる会社なの?

XOOMエナジージャパンは、北米で電力小売業を営むXOOMエナジー・ノースアメリカ社のグループ企業です。

XOOMエナジー・ノースアメリカは、既に電力自由化が実施されている米国18州とワシントンD.C、更にはカナダのアルバータ州に設立している関連会社を通じ、エネルギーサービスを提供している会社です。

米国・カナダの92公益事業者の供給区域内で天然ガスと電力のサービスを提供しており、北米最大の供給エリア数を誇る実績のある会社ですので安心して切り替えていただけます。

詳しくは下記をご確認ください。
>> https://xoomenergy.co.jp/ja/about-us

Q2:今の電力会社から電気をXoomエナジーに切り替えるってこと?停電とか大丈夫?

今の電力会社を切り替えるのではなく、電力会社の販売代理店を切り替えるだけなので、電気の供給は今までとなにも変わらないので安心してください。

Q3:電力会社の販売代理店ってなに?

普段あまり気にすることはないので知らない人も多いですが、実はあなたと電力会社は直に契約を結んでいるわけではありません。

仕組みは下記のようになっています。

  • 電気の供給:電力会社 → 電力を販売する代理店 → ユーザー
  • 支払い:ユーザー → 電力を販売する代理店 → 電力会社

東京電力を例にあげると下記のとおりです。

  • 電気の供給:東京電力 → 東京電力エナジーパートナー → ユーザー
  • 支払い:ユーザー → 東京電力エナジーパートナー → 東京電力

販売代理店の東京電力エナジーパートナーは東京電力のことだとお思いの方もいると思いますが、実は別会社の代理店です(東京電力の子会社ではありますが)。

なので、検針票の右下に書かれている会社にあなたは電気代を支払っているのです。

上記の例だと東京電力エナジーパートナーからXoomエナジージャパンに切り替えるだけなので、電気そのものは東京電力から供給されるので、今までと何も変わらないということです。

Q4:なぜ電力販売会社を切り替えるだけで電気代が安くなるの?

東京電力エナジーパートナーをはじめ、多くの電力販売代理店は2016年4月に実施された家庭用向け電力の小売り化に伴い参入しました。

今までは東京電力などの電力会社から直に電気を売ってもらっている状態だったので、電気は電力会社が設定した価格から下がることはありませんでした。

しかし、家庭用向け電力の小売り化がはじまって、販売代理店が入ることで何が変わったかというと、販売代理店が電力会社から電気を借りて、その電気をユーザーに販売するという仕組みに変わったために、販売代理店で電気代を決めることができるようになりました。

2016年4月の家庭用向け電気の小売り化が開始される前からソフトバンクなどの大手企業が電力事業に参入しているのでライバルも多いです。

本来なら今までより電気代を高く設定することも可能ですが、ライバル会社が安くしているのに高く設定なんてしたら、ユーザーに切り替えてもらえるわけがないので、今までより価格を安くして提供しているという仕組みです。

国は2020年までに、電気販売代理店をユーザーに選択させて、代理店同士で競争をはかり、よりよいサービスをユーザーに届ける施策を考えているので、いずれユーザーはどこかの販売代理店に切り替えることになるため、各社電気代を安くするなどユーザーに切り替えてもらうアプローチをしているわけです。

身近なところでご説明すると携帯電話も今まではdocomo、au、ソフトバンクといったキャリアを使っている人が多かったですが、近年は格安SIMというものが出てきたおかげで上記3キャリアと契約するよりだいぶ安く月々の携帯電話代を抑えることができます。

これも、携帯の電波をキャリアから借りて、販売代理店(UQモバイルや楽天モバイルなど)が安くユーザーに提供している仕組みです。

電気もこれと同じことが起ころうとしているから電気代を安く提供できるのです。

お申込み方法

お申込みいただく場合に必要なものは下記の3点だけです。

  • 毎月電力会社から送られてくる検針票
  • 身分証明書(免許証なら表裏)をスマホなどで写真に撮ったもの
  • 決済用のクレジットカード(コンビニ支払いなどを選択される方は必要ありません)

お申込みいただける場合、Xoomエナジージャパンのサイトに飛びますので下記よりお申込みください。

途中でビジネスIDという項目に【6711065298】という数字が入っていますが、私の代理店コードですので消さずに進めてください(消してしまうと手続きが進められません)

>> 申し込み手順マニュアル(PDF)

毎月の電気代をほぼ無料にできるキャンペーン

さらに毎月の電気代をほぼ無料にできるキャンペーンも実施中です!

興味のある方は下記もご確認ください。

毎月の電気代をほぼ無料にできるキャンペーン

以上、お読みいただきありがとうございました。

ご不明点などありましたら個別にご連絡いただければ、納得いくまでご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

不明点などのお問い合わせ

お名前(ニックネーム可)*必須

メールアドレス *必須

メッセージ本文 *必須

更新日:

Copyright© ハチスタイル , 2017 All Rights Reserved.