ハチスタイル

副業、お金、働き方について考える情報メディア

投資

【実話】ズバリ!実際に体験したロト6詐欺の手口教えます!

更新日:

【実話】ズバリ!実際に体験したロト6詐欺の手口教えます!

突然ですが、あなたは詐欺にあったことがありますか?

多くの人は詐欺にあったことはないと思います。そして他人事に感じていると思います。

最初に少しだけ私のことを書かせていただきますが、私は人の話を鵜呑みにはせず自分でいろいろと調べてから判断しますし、急な電話による勧誘の話は聞きませんし、不在着信が残っていても知らない番号であれば、ネットで検索して安全かどうかを確認してからかけ直すような人です。

でも、これだけは言っておきたいことがあります。

あなたにも起こりうることだということを。

事件は2015年3月に起こりました

実は私も自分が詐欺にあうまでは他人事でした。

もっというなら

「途中で怪しいと思わなかったのか?」

「なんでそんな嘘くさい話を信じたんだ?」

など、引っかかる方も悪いよねくらいに思っていたのです。

そんなことを思っていたからバチが当たったのか魔の手は突然やってきました。

きっかけは遊び心で買ったWEBアプリ

なんでその情報を知ったのかは忘れてしまいましたが、きっかけはInfotopで販売されていた【ロト6で3等連続当選を狙うソフト「ロトコレ」】という商品を購入したことでした。

ちなみに、私は今までロト6を買ったこともなければ興味があったわけでもありません。
しかし、1,000円という安価だったこともあり、このときはなぜかロトコレという商品を買ってしまったのです。

その購入完了メールの一番上に記載されていたPR情報がふと目に入り、普段の私ならスルーなのですが、このときはなぜか気になり詳細ページをクリックしてしまったのです。

= PR ======================================================
【緊急募集】ロト6ソフトのプレミアムモニター募集!

高度な知識やスキルは必要ありません!
スマホやタブレットから5~10分ログインしてみるだけ!
応募資格者は18歳以上の男女!学生さんでもご応募可能です。

特別なお知らせですので、ご興味がある方はお早めにどうぞ。
申請・詳細はコチラ ⇒ http://milj.blue/lok08
====================================================================

そして、クリックした先はプレミアムモニターを募集するページでした。

今思うと自分でもなぜそんな行動をしたのかわかりませんが、そのモニターに応募してしまったのです。

すると「抽選のお申し込みを受け付けました。」という件名のメールが届きました。

この度はご登録頂きまして誠にありがとうございます。
ALIONで御座います。

初回ご応募時に関しましてはお電話での応対をお願いしております。
順番にご連絡を差し上げますので、5分ほどお時間を頂ければ幸いで御座います。

専属担当者より 03-6821-2080 のお電話番号からお電話させて頂きます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

ALION
フリーダイヤル:0120-984-671
代表番号:03-6821-2080
FAX番号:03-4589-0376
メールアドレス:info@l-alion.com

受付時間
平日  10:00~21:00
土日祝 11:00~18:00

すると、しばらくして「高見澤 豊」という男から電話がかかってきて、声しか聞いていませんが、とても優しい口調で言葉使いも丁寧な印象を受けました。

内容としては、認可情報と呼ばれる極秘情報を教えるとのこと。
そして、下記のようなやりとりがありました。

高見澤豊
宝くじで1等をとったことがある人は聞いたことがあると思いますが、ロト6で1等をとった人を聞いたことがありますか?

hachi
宝くじで1等をとった人は聞いたことがあるような気はするけど、ロト6は聞いたことがないですね。

高見澤豊
ですよね?それはなぜかというと1~3等は全て当たりが操作されているからなんですよ。

どうやら、宝くじ協会みたいなところのトップが1~3等のお金を当てて、全国の復興資金として各自治体に割り当てているとのことでした。そこには名前は言えないが誰もが知っている政治家もからんでいるとのこと。

1~3等の当たりくじが操作されている証拠を見せるので、ネット環境があれば宝くじの公式サイトを見て欲しいと言われました。

自宅にいたので自分のパソコンからアクセスし、証拠といわれる(これも嘘ですが)内容を聞かされるのです。

その内容とは、

第○○○回目の抽選結果を見て、一番左の数字をメモしてください。
次の回の抽選結果の左から二番目の数字をメモしてください。

その次の回の左から三番目の数字を~といった感じで6回分の数字をメモしていきます。

そして、上記の1~6回目でメモした数字(815479)が当選番号になっていたのです。(下記図は例であり実際のものではありません)

ロト6当選番号
私は公式サイトに自分でアクセスしたので、詐欺グループが作ったサイトではなく、たまたまそういう風に並んだ回があったんだと今では思います。

しかし、当時の私はこの段階くらいから少し信じはじめていました。

で、ぜひその情報を教えて欲しいと言いました。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




手の込んだストーリー

この情報は誰にでも教えられる情報ではないので、まず申込みをしてもらい当選したら教えてもらえるとのこと。

まずはメールを送るので、添付されている申込み用紙に必要事項を記入してメールかFAXで返信して欲しいとのことでした。

お世話になっております。
専属担当 高見澤 で御座います。
先程はお忙しい中、お付き合い頂き誠にありがとうございます。。
ご説明させて頂きました申込シートを添付させて頂きます。

申込シートの提出方法に関しては、FAXもしくはプリンターからスキャンして頂きメールへ添付して送信頂いております。

FAX番号は

03-4589-0376

になります。お間違えの無い様ご注意下さい。

こちらの内容をご確認頂きましたら担当 高見澤 までご連絡頂きますようお願い致します。

営業部:高見澤 豊
フリーダイヤル:0120-984-671
代表番号:03-6821-2080
平日10:00~21:00
土日11:00~18:00

※下記は実際の申込用紙です。
申込用紙
用紙には、どこで購入するかも書く欄があり、必ず書いたお店で購入して欲しいと言われました。

あと、当たったとき、何に使いたいかも詳しく書くよう指示されました。

これは認可情報なので、応募者が多数の場合は厳選する必要があり、購入店舗を記載する理由も、詳細は忘れてしまいましたが納得できるような理由でした。

記入が終わり、返信してその日は終わりました。

一次選考と二次選考を通過する

翌日、高見澤から電話がかかってきて、一次選考は通過したとの連絡をもらいます。

高見澤豊
二次選考は電話にて面談なので、今から時間をとれないですか?

hachi
外出中でこれから人と会う約束があるので今すぐは厳しいですね。

高見澤豊
そうですか~。現在9名の枠が用意されていて7人は決まったのであと2名しか枠がないんですよ。人と会っている間に2名が決まってしまったら情報を得る権利がなくなるので申し訳ないですが理解してください。

まぁ、あとから考えたらおかしな話なんですが、人は緊急性に弱いので、一旦約束の人と合流してから少しだけ席を離れさせてもらって、電話面談を受けることにしました。

予め伝えておいた時間になると高見澤とは違うダミ声の男性から電話がかかってきました。
ロト6が当たったら何に使いたいのかなど、私の個人的な話も含めていろいろと聞かれました。

2014年の12月に新築マンションを買ったばかりだったのでローンの返済に充てたいということと、余れば自分の夢に使いたい旨を詳しく答えたところ、なかなかお金は欲しいけど、何に使いたいかを明確に答えられる人は少ないのであなたならきっと有効な使い方をしてくれることでしょうということで二次選考を通過しました。

この日はこれで終わりです。

最低当選補償金は900万円!

翌日の午前中にまた高見澤から電話がかかってきました。

一次、二次選考を通過した私が今週末に開催されるロト6で得られる当選金の話でした。

まず、最低当選金保障は900万円とのこと。

当日私は4,000円用意して下記のとおりに購入するように指示されました。

A~EまであるうちのAとBだけに記入する。
A/B→当たり数字×9口
A/B→はずれ数字×2口(全て当たりだと怪しまれるので)

900万円(当選金)-291万6千円(情報提供料)=608万4千円

608万4千円-121万6,800円(20%)仲介手数料=486万7,200円

486万7,200円が私の手元に残る

という計算でした。

そこで情報提供料として291万6千円を情報提供者に振り込みをしてほしいが、そんなお金を急に出せないと思うので、弊社で貸しますとのことでした。

しかし、候補の9名全員が291万6千円貸してくれと言われると弊社としても厳しいので払えるだけ振り込んでくれれば残金はお貸ししますとのことでした。

私にお金を貸すための書類を高見澤が作成するけど、週末の当選発表に間に合わないとまた募集し直しになるし、情報提供料の振り込みを午前中に終えないと、権利が流れてしまうので、先に払えるだけ振り込みをしてくださいと言われました。

今更ですが、これも緊急性を利用した手法ですね。

書類の承認がされなかったらどうなるのか?とも聞きましたが、形式上の書類なので通らなかったことは過去に一度もないとのことだったので、素直に100万円を下記口座に振り込んでしまいました。

楽天銀行
テクノ支店
普通 2062841
タケダ ヒサオ

今思えば、個人名義だし怪しい口座なんですけどね、このときはちょっとだけ違和感がありましたが、怪しむところまでいきませんでした。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




ハッと気づいたときには時すでに遅し

自分でも本当にバカだと思いますが、振り込みを終える瞬間まで、なんとなく「おかしいなぁ?」と思うことはあっても、これが詐欺だということに気づかなかったのです。

振り込みを完了した瞬間に我に返り、一気に不安が襲ってきました。

そして、普通ならもっと早くに気づくべき怪しい部分が走馬灯のように私の頭の中を駆け巡りました。

私はすぐに高見澤に電話しました。
そして、ロト6の当選金はいらないので100万円を返して欲しいとお願いしました。

すると、弊社の経理部に繋ぐので担当者と話をしてほしいと言われ経理部の担当者に繋いでもらいました。

hachi
ロト6の当選金はいらないので100万円を返してもらえませんか?

経理部の担当者
残りのお金は用意できないのですか?

hachi
払えるだけの額は払ったのでこれ以上は払えません。

経理部の担当者
あなたが今やらなければいけないことは返金要求ではなくて残りのお金を工面することでしょう?それに我々はあなたからお金をもらったわけではなく預かっているだけです。

hachi
預けたお金なら尚更返してほしいし、高見澤さんからは足らない分は御社が貸してくれると言われたから振り込んだわけで、これ以上のお金があるわけがないでしょ。

経理部の担当者
ギリギリまでお金を工面することもせず、お金を返してくれはおかしいでしょう?早く残りのお金を工面してください!

と怒り口調で言われた瞬間、私の中で詐欺が確定しました。

ほんの一週間弱の話ですが、人生で初の体験でした。
2014年12月にマンションを購入したこともあり、早期返済をしたいなと考えていた私に隙があったんだと思います。

心のどこかで、この100万円は戻ってこないのだろうと思いましたが、大事なお金をだまし取られてなにもせずに諦めるのは嫌だったので、できる限りのことをしようと思い、一旦冷静になって今後の対策を考えはじめたのです。

まずはネットで検索する

まず最初にやったことは、「ALION ロト6」をネットで検索して情報収集しました。

なぜ、この話を聞いたときに一度検索しなかったのかと自分が情けなくなるほど、この会社の詐欺情報がヒットしました。(ALION以外の会社もヒットしましたが、真実かどうかはわからないので会社名は掲載しません。)

また、詐欺被害にあった人のお金を取り戻してくれるという探偵のサイトもあり、無料で相談にのってくれるようでした。

いろいろ検索した結果、2社ほどの探偵事務所に無料相談しました。

被害状況を詳しく説明しましたが、着手金は15~20万円ほど(正確な金額は忘れてしまいましたがこれくらいの金額でした)で、詐欺会社に交渉するが、100%返金されるかどうかの保証はできないとのことでした。

これは2社とも同じような回答でした。

イチかバチかに賭けてみようかと思いましたが、一旦冷静に考えてみようと思い、すぐに依頼はしませんでした。

弁護士に相談

今度は法律に長けている弁護士をネットで探してみました。

得意分野が様々なので、詐欺に強いと書かれている弁護士3人ほどに電話で連絡をしてみました。

一件目は担当弁護士が不在とのことで折り返してくれるとのことでしたが、2日待っても連絡がないので却下。

二件目は話を聞いてはくれるものの、弁護士からあまりやりたくない感を感じたので却下。

最後に問い合わせた事務所はメールではありましたが、返信も早く好感が持てたので、事務所に行って相談することにしました。

そこで驚愕の事実を知ることになるのです。

探偵では詐欺事件を解決はできない

詐欺にあったこと、その後に探偵に相談したことなど経緯を詳細に伝えました。

まず最初に言われたことは、「探偵に依頼しなくてよかったですね」です。

まず、こういった詐欺事件にあった場合、ケースにもよると思いますが、詐欺に使われた口座の凍結依頼を銀行にするよということを詐欺会社に伝えて交渉するそうです。

口座凍結とは、詐欺に使われたとされる口座を銀行に凍結させて口座内のお金を引き出せないようにするのだそうです。

しかし、この口座凍結を依頼できるのは弁護士のみとのこと。

よって、探偵ではそういった手配はできず、せいぜい詐欺会社と直接交渉する程度しかできないそうです。

また、衝撃的だったのが、こういった詐欺にあった人は私もそうですが、大抵ネットで検索するそうで、中には詐欺にあったお金を取り返しますといったサイトをアップしておいて、それを見つけた被害者の依頼を受けて、交渉はしたけど取り戻せなかったといって着手金だけむしり取る悪徳業者もいるのだそうです。

そういった二次被害の相談もあとを絶たないと弁護士さんが言っていましたので、私が問い合わせた探偵事務所も悪徳業者だった可能性があるので、イチかバチかの勝負に出て依頼しなくてよかったなと思いました。

しかし、この口座凍結もすぐ凍結されるわけではないので、凍結前に詐欺会社が先に口座からだまし取ったお金を引き出してしまったら意味がないので100%取り返す保障はないとのことでした。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




詐欺会社からお金を取り戻すための費用

詐欺会社からお金を取り戻すための費用も教えてもらいました。

着手金20万円:口座凍結やそれにまつわるお金
成功報酬:取り戻したお金の10%

私の場合、上記金額を提示されました。

基本的に現金を口座に振り込んだ場合の詐欺被害で100%を取り返すことは非常に難しいとのことでした。

半額取り返せたら良い方だと思って欲しいと説明されました。

仮に100万円の半額である50万円を取り返すことに成功した場合、50万円の10%なので5万円が成功報酬となるわけです。

すると、着手金も合わせると25万円弁護士さんにお支払することになります。

ここは即依頼はせず、一旦冷静に考えて計算してみました。

100万円(被害金額)- 50万円(戻ってこないお金)= 50万円(取り返したお金)
50万円(取り返したお金)- 25万円(弁護士費用)= 25万円(手元に残るお金)

100万円を取り返すために25万円かけるということは、私は合計で125万円分支出していることになります。

もう一度冷静に考えてみる

だまし取られたお金を取り戻したい気持ちはある。

しかし、そもそも騙し取られたお金である100万円全額は戻ってこない可能性が高いのに25万円をかけて弁護士さんに依頼する意味があるのか?(弁護士費用が高いとかそういう意味ではない)

そして、計算どおり半額の50万円が返ってきたとしても、手元に残る25万円のためにいろんな労力と時間が必要となる。

これらが、本当に意味があるのかをよーく考えました。

私が出した結論は・・・

弁護士さんからも取り返したいならあまりのんびりしているとチャンスを逃すけど、よく考えて結論を出してくださいと言われ、家に帰ってよく考えました。

そして、私が出した結論は・・・。

詐欺にあったお金は勉強代だと思って諦める。

悔しい気持ちはすごくありますし、自分のバカさ加減にも嫌気がさします。

しかし、騙す人間はクズだと思いますが、騙された私も悪いということです。

世の中、そんなうまい話があるわけないのに、ついつい乗ってしまい、100万円を振り込んでしまったのは私の自己責任です。

手元に残る25万円のために労力や時間を割くことも無駄だと感じましたし、結果次第ではさらに悔しい思いをする可能性もあります。

よって、今回の結論に至りました。

最後に

これを読んで、私のことをバカなやつだと思ってもらっても構いません。

しかし、同じような被害者を少しでも減らしたいと思ってこの記事を書きました。

悪の手はいろんなところに潜んでいます。

全ての人間を信用しなくなってしまうのはどうかと思いますが、少し疑いの目を持って考えることは必要だと思います。

なんだかんだいっても、騙されてからでは遅いのです。

そして、警察にも被害届を出しましたが、形式上の書類を書かされるだけで、解決のために動いてくれるわけではないので、全く役に立ちません。日本の法律も悪いヤツのためにあるんじゃないかと思うほど役に立ちません。

自分の身は自分で守るしかないのです。

少しでも被害者が減り、私のような思いをしなくてよくなるようお祈りしています。

Googleアドセンス用336px




Googleアドセンス用336px




LINE@



友だち追加

公式LINE@をはじめました。
友だち追加」を押してご登録ください。

公式LINE@に友達登録していただいた方には、メディア内では書けない情報などを不定期で配信しますので、ぜひご登録お願いいたします。

また、お友達登録していただいた方への特典として、あなたの電気代の年間コストがお安くなる方法をお伝えします。電気代を安くするために費用がかかったり何か制限を受けることはありませんのでデメリットは特にありません。

-投資
-, ,

Copyright© ハチスタイル , 2017 All Rights Reserved.