ハチスタイル

副業、お金、働き方について考える情報メディア

【保存版】ブロックチェーン(Blockchain)完全マニュアル

投資

【保存版】ブロックチェーン(Blockchain)完全マニュアル

更新日:

【保存版】コインチェック(coincheck)完全マニュアル』を読んで、日本円をビットコインに替えたら、次はビットコイン(Bitcoin)の財布である「ブロックチェーン(Blockchain)」のアカウントを作る必要があります。

ブロックチェーンとは、ビットコインの中核ともいえる技術で、ビットコインの生みの親である「ナカモト サトシ」氏によって考案された技術です。

最近では、ほかでも応用できるのではないかと考えられ、金融や流通など様々な分野で注目を浴びています。

深い技術的なことは今回割愛しますが、まず最初に簡単に概念だけお伝えしておきたいと思います。

ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンとは、ビットコインを保管しておく、あなたの財布(ウォレット)だと思ってください。

普段は法定通貨である日本円を持っていると思いますが、誰かにお金を渡すとき、手渡し以外はだいたいの人が銀行やATMを使って振込をすると思います。

しかし、銀行を使う場合振込手数料を取られてしまいますよね?

ブロックチェーンは銀行などの外部機関を間に挟まず、直接個人間でやりとりをする(P2P)という技術を使って送受金をします。

なので、手数料がほぼかからず、取引の履歴が世界の誰でも見れるので、不正にお金を使われることや倒産などによって資産を失うこともありません(世界の誰でも見れると言っても取引の履歴が見れるだけで取引の詳細や個人情報は見れません)。

ブロックチェーンを使うことで、手数料がほぼかからずに海外送受金も可能なので、これからの時代はこういった技術が普及するかもしれませんね。

解りやすい例としては、昔は手紙やはがきを郵便局を介してやりとりしていました。

そのため切手というお金を支払っていましたが、時代は変わり今ではEメールというものが普及したので、郵便局を使うことなく無料で且つリアルタイムで個人に直接送信することや受信できるようになりました。

ブロックチェーンとは、アナログからデジタルに変わったお金のやりとりをするための技術だと思ってもらえばよいと思います。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




ブロックチェーンのアカウントを登録

まず、ブロックチェーンのアカウントを登録するために Blockchain.info にアクセスします。

ちなみに「blockchain」と検索すると https://blockchian.info というフィッシング詐欺サイトが検索結果に表示されることがあるので注意してください(そのサイトからログインするとIDとパスワード盗まれてあなたのお金やビットコインが被害にあう可能性があります)。

アクセスしたら、下記画像の赤枠「ウォレットを作成」をクリックします。

Blockchain トップページ

ウォレット作成画面が表示されますので、画像の①〜④を入力して「続行」をクリックします。

あなたの資産となる財布のパスワードになるので長めのパスワードを設定しておきましょう(下記画像のように緑ゲージ以上の設定をおすすめします)。

Blockchain ウォレット作成

ウェルカムページが表示されるので「始める」をクリックします。

Blockchain ウェルカムページ

下記画面が表示されたら登録は完了です。非常にカンタンですね!

Blockchain ホーム

尚、先ほど登録したメールアドレスがあなたのものであることを確認するために、登録したメールアドレス宛に確認メールが届いているはずなので、メールボックスをチェックして下記画像の赤枠「Verify Email」をクリックします(しばらく経っても届かない場合は迷惑メールフォルダを確認しましょう)。

Blockchain 確認メール

すると、メールアドレスの認証成功の画面が表示されますので、これで認証完了です。

Blockchain メールアドレス認証成功

注意:「Verify Email」の下に記載されている「お客様のビットコイン財布識別子」は、ログインIDになりますので、紛失しないようにメモなどをとって保存しておきましょう。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




取引

左側にあるメニュー項目の「取引」という項目をクリックすると「あなたの取引」というページが表示されます。

まだ、登録したばかりで取引がないのでなにも表示されていませんが、取引が開始されるとここに履歴が表示されます。

Blockchain 取引

セキュリティセンター

ブロックチェーンはあなたのビットコイン財布です。

銀行などに預けたお金ならば銀行が守ってくれますし、万一なにかあってもある程度は補償してくれますが、ブロックチェーンは個人間でのやりとりなので補償してくれる外部機関が存在しないため、自分でしっかりと資産を守る必要があるので、セキュリティはしっかりと設定しておきましょう。

レベル1:資金へのアクセス喪失を防ぐ

レベル1のセキュリティ設定は、万一パスワードを忘れてログインができなくなったり、スマホを無くしてしまったりした場合に、あなたの資金を復活させるためにとても重要な項目です。

先ほど、メールアドレスの認証は完了しているので緑文字で「メールアドレス認証済み」と表示されているはずです。

バックアップ・セキュリティフレーズ

次に「バックアップ・セキュリティフレーズ」というものを設定しますが、これは非常に重要な設定項目で、この設定をしておけば万一パスワードを忘れてしまった場合などにこのフレーズを入力すればウォレットを復元することができます。

では、設定方法の説明となりますが「バックアップフレーズ」という青いボタンをクリックします。

Blockchain バックアップフレーズ

パスワードを要求されるので、登録時に設定したパスワードを入力します。

Blockchain パスワード入力

リカバリーフレーズを書き控えるための「リカバリーシートを印刷」という黒いボタンをクリックします。

Blockchain リカバリーシートを印刷

下記のPDFがダウンロードできますので印刷しましょう(プリンターなどがない場合は、なんでもよいので紙に1〜12までの数字を書いておいてください)。

印刷が終わったら「次のステップ」という青いボタンをクリックします。

Blockchain リカバリーシート

翻訳:あなたのウォレットを回復する必要がある場合は下記URLを入力してください。
blockchain.info/wallet/recover

私たちは、あなたのリカバリーフレーズを要求するメールを送ることはありません。

偽装のURLを送ってきて、あなたのリカバリーフレーズを入手しようとするフィッシング詐欺には注意してください。

12個のリカバリーフレーズを書いてください:

この書類を安全に保管し、フレーズを誰にも知られないようにしてください。

このページを印刷して安全な場所に保管してください。このページを持つ人は誰でもあなたの取引履歴と資金へアクセスすることができます。

1〜4の単語が表示されるので先ほどダウンロードした用紙に記入します。

この単語を間違えると二度とアクセスできなくなってしまいますので、時間のあるときに落ち着いて慎重に記入してください。

記入が終わったら「次の4つの単語→」という黒いボタンをクリックします。

Blockchain リカバリー12の単語

こうやって4つずつ単語が表示されますので全部で12の単語を書き控えたら、「最後のステップ」という青いボタンをクリックします。

Blockchain リカバリー最後のステップ

最後に指定された4つの単語を入力する画面になるので、先ほど書き控えた単語をそれぞれ入力して「終了」をクリックします(画像に表示されている「最初の単語」とは1番目のことです)。

Blockchain リカバリーフレーズをバックアップ

「リカバリーフレーズをバックアップしました」と表示されたら成功ですので「閉じる」ボタンをクリックして完了です。

Blockchain リカバリーフレーズバックアップ完了

このリカバリーフレーズはなるべく紙に控えて、ネット上のストレージなどには置いておかないことをオススメします(不正アクセスされてリカバリーフレーズを盗み取られたらあなたのビットコインウォレットにアクセスできるようになってしまうので)。

パスワードヒントの作成

パスワードを忘れた際のヒントを作成する項目ですが、現時点では日本語での入力は保存されないので、英語での入力のみとなります。

英語ができる人は英語でヒントを入力しましょう。

英語が全くわからない人は、なにかフレーズを保存しないと設定したことにならないので、とりあえずなんでもよいので英語で入力しましょう(画像では例としてPasswordとしています)。

Blockchain パスワードヒントの作成

ここまでの設定が終わったら、レベル1のセキュリティ設定は完了です。

左側メニューの「セキュリティセンター」という項目が赤色から黄色に変わっていると思います。

レベル2:ウォレットへの不正アクセスを防ぐ

レベル2のセキュリティ設定は、外部からの不正アクセスを防ぐための項目です。

ブロックチェーンはあなた自身の財布です。

銀行などとは違って、万一不正アクセスされて中身のお金やビットコインを盗み取られても誰も補償はしてくれないので、自分の財布は自分自身で守る必要があるので必ず設定しておきましょう。

携帯電話番号をリンクする

ブロックチェーンにログインする際、携帯電話を使用して一回限り有効のワンタイムパスワードを発行するために必要な電話番号とブロックチェーンと紐付けるための設定です。

日本の方はデフォルトで日本の国旗と国際番号が表示されていると思いますが、他の国の方は国旗アイコンをプルダウンして自国に変更してください。

ここで入力時の注意として、国際番号付きで登録しますので、例えば携帯番号が「090-1234-5678」の場合は最初の「0」を消して「9012345678」と入力してください(ハイフンは入れなくも自動で入ります)。

入力が完了したら「保存」ボタンをクリックします。

Blockchain 携帯電話番号をリンクする

少し待つと、登録した携帯電話のSMSに5桁のコードが届きますので、そのコードを入力して「認証」ボタンを押して完了です。

Blockchain 携帯電話番号の認証

2段階認証を有効にする

先ほど携帯電話とブロックチェーンの紐付けが完了したので、次は2段階認証を有効にします。

「有効にする」という青いボタンをクリックします。

Blockchain 2段階認証を有効にする

2段階認証は「Google認証システムまたはYubikeyを使用」か「携帯電話番号を使用」する2つの方法から選べます。

Google認証システムやYubikeyを使って2段階認証をしたい人は「Google認証システムまたはYubikeyを使用」をクリックします。

Google認証システムまたはYubikeyを使用

電話番号を使って2段階認証をしたい人は「Google認証システムまたはYubikeyを使用」の下に「青(左)」と「白(右)」の丸が表示されていますので「白(右)」をクリックすると「携帯電話番号を使用」という選択が表示されますのでクリックします。

Blockchain 携帯電話番号を使用

「Google認証システムまたはYubikeyを使用」を選択した人は、次の画面でQRコードが表示されるので「Google Authenticator」をダウンロードして読み込みます。

QRコードを読み込んで「Google Authenticator」に表示された6桁の番号を入力して「2段階認証を有効にする」という緑のボタンを押したら設定完了です。

Google Authenticatorの設定などについては『【保存版】コインチェック(coincheck)のアカウントを登録しよう!』の記事をご覧ください。

Blockchain Google Authenticator

「携帯電話番号を使用」選択した人はクリックしたら下記画像が表示されて完了です。

Blockchain 携帯電話番号認証完了

どちらの認証方法でもよいので、使いやすい方を選択していただければよいと思います(手順がカンタンなのは携帯電話番号を使った認証ですかね)。

ここまでの設定が終わったら、レベル2のセキュリティ設定は完了です。

レベル3:ウォレットの保護をさらに強力にする

レベル2までの設定が完了すれば基本的には問題ないのですが、レベル3のセキュリティ設定は、さらにウォレットのセキュリティを強力にするオプション設定となります。

上級といっても、設定自体はとてもカンタンなので設定しておきましょう!

「Torリクエストをブロック」をクリックします。

Blockchain Torリクエストをブロック

次に「ブロック」という緑のボタンをクリックします。

Blockchain Torリクエストのブロックボタンを押す

「Torがブロックされました」と緑文字で表示されたら設定完了です。

Blockchain Torブロック完了

ここまでの設定が終わったら、全レベルのセキュリティ設定は完了です。

左側メニューの「セキュリティセンター」という項目が黄色から緑色に変わっていると思います。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




設定

各設定項目の説明もしていきたいと思います。

モバイルアプリとの連携もここで設定します。

ウォレット情報

あなたのブロックチェーンのウォレットIDの確認とモバイルアプリとの連携ができます。

よく間違える人が多いのですが、ウォレットIDとはブロックチェーンにログインするときに使用するIDです。

ビットコインなどの送受信に使用するアドレスではないので気を付けましょう(もちろんウォレットIDは他人に教えてはいけません)。

モバイルアプリと連携するには「ペアリングコードを表示する」という青いボタンをクリックします。

Blockchain ウォレット情報

パスワードを求められるのでアカウントを登録したときに設定したパスワードを入力します。

Blockchain ペアリングパスワードの入力

モバイルアプリと連携するためのQRコードが表示されるので、スマホのブロックチェーンアプリをダウンロードして読み込みます。

Blockchain モバイルペアリングQRコード

モバイルアプリの設定

スマホ用ブロックチェーンアプリのダウンロードと設定方法を説明していきます。

iOSアプリ」か「Androidアプリ」をダウンロードしてインストールします(私はiPhoneを使用しているのでiOSで説明します)。

インストールが完了したらブロックチェーンアプリを起動して「私のウォレットにログイン」をタップします。

Blockchain ブロックチェーンアプリ

「ペアリングコードをスキャン」をタップします。

Blockchain ペアリングコードをスキャン

カメラへのアクセスが求められるので「OK」をタップします(OKしないとQRコードが読み込めないので)。

Blockchain カメラへのアクセス

上記で表示させたQRコードを読み込ませると「ウォレットのペアリングが完了しました。」と表示されるので「OK」をタップします。

Blockchain ペアリング完了

次にPINコードを設定するので、4つの番号を押してください(確認用として2回入力が必要です)。

Blockchain PINコードの設定

「成功です」と表示されればPINコードの設定は完了です。

Blockchain PINコードの設定完了

まだ取引がないので、なにも表示されていませんが取引が発生すると履歴が表示されます。

尚、各設定項目を表示させたい時は、左上の赤枠部分をタップすると設定メニューが表示されます。

Blockchain ブロックチェーンアプリ トップ画面

環境設定

ブロックチェーンウォレットの詳細設定をする項目です。

  • メールアドレス:登録したメールアドレスを変更したい場合は「変更」ボタンをクリックして変更します。
  • 携帯電話番号:登録した電話番号を変更したい場合は「変更」ボタンをクリックして変更します。
  • ウォレットの言語ブロックチェーンで表示される言語を設定します。
  • 地域通貨ブロックチェーンはビットコイン枚数と日本円の表示ができるので自国の通貨を設定します。
  • ビットコイン単位:ここはBTCのままでOKです。
  • 通知:ビットコインを受け取った時に通知してくれる方法を選択します。
  • ビットコインリンク管理:ここはよくわからないのでそのままでOKだと思います。
  • 自動ログアウト:PCでブロックチェーンにログインした際、セキュリティのため一定時間経つと自動的にログアウトするようになっていますので、すぐログアウトさせたくない場合は「300 minutes」くらいにに設定しておきましょう。
  • Themesブロックチェーンのテーマ(テンプレート)を変更できます(黒背景に色文字など)。

Blockchain 環境設定

セキュリティ

上記でレベル1〜3の設定を済ませていれば、特に設定する項目はありませんが、より上級者の方が高度な設定をする場合、ここから設定をします。

初心者の方はヘタにいじるとログインできなくなる可能性があるので、そのままにしておいた方がよいです(知り合いの初心者がいろいろと設定したら40万円ほど入っているのにログインできなくなりました…汗)。

Blockchain セキュリティ

アドレス

ブロックチェーンでビットコインを送受信する場合に使用するブロックチェーンアドレス(送受信用のアドレス)の設定ができます。

ウォレット名の変更

デフォルトでは「私のビットコインウォレット」という名前がついていますが、変更することが可能です。

右上の「管理」をクリックします。

Blockchain ウォレット名の変更1

「管理」が「More Options」に変わるので再度クリックします。

Blockchain ウォレット名の変更2

「名前を編集」と「xPubを表示」が選択できるので「名前を編集」をクリックします。

Blockchain ウォレット名の変更3

お好きな名前を入力して「名称を変更する」ボタンを押せば完了です。

Blockchain ウォレット名の変更完了

ビットコインアドレスの追加

ビットコインアドレスとは、銀行でいう口座番号のようなものです。

このビットコインアドレスを相手に教えることで、そのアドレス宛に相手からビットコインが送られてくるという仕組みです(逆に相手に送る場合は相手のアドレスを聞く必要があります)。

銀行の口座番号は1人に対してひとつ割り当てられますが、ビットコインアドレスは不正対策やセキュリティの観点からビットコインアドレスは頻繁に変わります。

例えば、相手に今日教えたビットコインアドレスが、明日には違うビットコインアドレスなることがあるということです。

基本的に自動で変更されるのであなたが意識する必要はありませんし、相手に今日教えたビットコインアドレスが明日変わったからといって、今日教えたビットコインアドレスが無効になるわけでもないので、それほど気にする必要はありません。

しかし、ビットコインアドレスを相手によって固定したい場合は「+ 次のアドレスを追加」をクリックします。

Blockchain ビットコインアドレスの追加

新しいビットコインアドレスが追加されるので、このビットコインアドレスをどの相手用かを覚えておきたい場合は、下記画像の赤枠の鉛筆マークをクリックします。

Blockchain ビットコインアドレスラベル変更

現在「新規アドレス」となっている名称を好きな名称に変更して「保存」をクリックしてください。

Blockchain ビットコインアドレスラベル編集

ビットコインアドレスの削除

追加したビットコインアドレスを削除したい場合は鉛筆マークの右横にあるゴミ箱マークをクリックします。

「ラベルを取り除きますか?」という警告が出るので、問題なければ「OK」をクリックしてください(削除すると元に戻すことはできないのでよく考えて削除しましょう)。

厳密には削除されるというよりは「使用済みアドレス」に移動します。

Blockchain ビットコインアドレスラベル削除

使用済みアドレスを確認したい場合は、下記画像の赤枠「表示」をクリックします。

Blockchain 使用済アドレスの表示1

「本当に実行しますか?」という警告が出ますが「OK」をクリックしてください(OKをクリックしても特に問題はありません)。

Blockchain 使用済アドレスの表示2

下記画像のように、使用済みアドレスが表示されます。

ちなみに、黄色い文字で(取引なし)と書かれているのは一度もこのアドレスを使用せずに削除したからです。

Blockchain 使用済アドレスの表示3

続いてビットコインウォレットを追加したい人は、上記画像の赤枠「←」をクリックして前の画面に戻るか、もう一度「設定」→「アドレス」をクリックして最初のページに戻りましょう。

ビットコインウォレットの追加

投資したビットコインの配当を会社ごとに分けたいとか、相手によって分けたい場合はビットコインウォレットを増やすことができます。

下記画像赤枠の「+ 追加」をクリックします。

Blockchain ビットコインウォレットの追加1

ビットコインウォレットの名前を入力して「新規作成」ボタンをクリックして完了です。

Blockchain ビットコインウォレットの追加2

注意:ビットコインウォレットを追加した場合、AのウォレットからBのウォレットにビットコインを移動する場合も多少の手数料がかかります。

また、Aのウォレットに1BTC、Bのウォレットに1BTC入っていて、相手に送金するビットコインが2BTCの場合、AかBのどちらかのビットコインをもう片方に移動させてひとつのウォレットに2BTC入っている必要があります。

ビットコインウォレットの削除

追加したウォレットを削除したい場合、厳密には削除はできませんがアーカイブして使用停止状態にすることができます。

下記画像の赤枠「管理」をクリックします。

Blockchain ウォレットの削除1

「More Options」をクリックします。

Blockchain ウォレットの削除2

「名前を編集」「既定にする」「アーカイブ」「xPubを表示」という項目が出てくるので、「アーカイブ」を選択します。

Blockchain ウォレットの削除3

文字がグレーになって「アーカイブ済み」マークがつきます。

Blockchain ウォレットの削除4

また、元に戻したい場合は「アーカイブを解除」をクリックすると復元されます。

ちなみに「既定にする」を選択すると、送受信などを行う際、既定にしたウォレットが最初に表示されます。

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




ビットコインの送受信

一通り設定が完了したところで、ビットコインの送受信について説明したいと思います。

ビットコインの送信

トップページの左上の赤枠に「送信」と「受信」という項目がありますので、送信する場合は「送信」をクリックします。

Blockchain ビットコインの送信1

送信画面が表示されるので、宛先に相手のビットコインアドレスを入力し(間違えのないようにコピー&ペーストがよいでしょう)、左側の「BTC」に送信するビットコイン数を入力します(ビットコイン数を入力すると自動的にJPYにもその時のレートで日本円が反映されます)。

日本円で10,000円分送金する場合は、逆に右側の「JPY」に「10000」と入力すると、それ相当のビットコイン枚数が「BTC」に反映されます。

説明はメモなので、送り先など自分用のメモとして必要であれば入力してください。

入力が完了したら「次のステップ」という青いボタンをクリックします。

Blockchain ビットコインの送信2

確認画面が表示されます。

宛先の緑色の文字は相手に送金するビットコイン数、その下のグレー文字は取引手数料です。

送信者の赤色の文字は、送金額と手数料を合算したビットコイン数です。

間違いがなければ「送信」をクリックして完了です。

Blockchain ビットコインの送信3

ビットコインの受信

ビットコインを受信するには、相手にあなたのビットコインアドレスを教える必要がありますので、トップページの左上の赤枠「受信」をクリックします。

Blockchain ビットコインの送信1

ビットコインウォレットを追加して複数登録している場合は、プルダウンで受信したいウォレットを指定します(追加していない場合は表示されません)。

次に左側のクリップボードマークをクリックすると右に表示されたビットコインアドレスが選択された状態になるのでコピーして相手に送って教える、もしくは右側のQRコードを相手に画像で送って、相手がQRコードをスキャンして送金することも可能ですので、都合のよい方を選択してください。

「完了」ボタンを押せば、元の画面に戻れます。

Blockchain ビットコインの受信

スポンサーリンク

Googleアドセンス用336px




2段階認証設定後のログイン方法

最後に2段階認証を設定したあとのログイン方法を説明します。

ログイン画面で「ウォレットID」と「アカウント登録時のパスワード」を入力して「サインイン」ボタンをクリックします。

Blockchain ログイン画面

右上に「メールを確認してこのログイン試行を許可してください。」と表示されるので、登録したメールボックスを確認します。

Blockchain ログイン許可

メールボックスには「ログイン試行を許可します」という下記画像のメールが届いているはずなので、真ん中に記載されたURLをクリックしてログインの許可をします。

Blockchain ログイン許可メール

クリックすると「成功です!」という下記画像に飛びます。

Blockchain ログイン成功

「ウォレットID」と「パスワード」を入力した画面に戻ると「SMSコード」を入力する項目が追加されていますので、携帯電話にSMSで送られてくる5桁のコードを入力して「サインイン」ボタンをクリックしたらログイン完了です。

Blockchain SMSコード入力画面

まとめ

いかがでしたか?

ビットコインをはじめるのに必要な財布(ウォレット)となるブロックチェーンについて詳しく説明してみました。

最初は使い方に戸惑うことがあるかもしれませんが、慣れてしまえば非常に使いやすいのでぜひこの記事をしっかり読んで使いこなしてくださいね!

わからないことなどあれば下記よりお問い合わせいただければ、私のわかる範囲でお答えさせていただきます。

お名前(ニックネーム可)*必須

メールアドレス *必須

メッセージ本文 *必須

Googleアドセンス用336px




Googleアドセンス用336px




LINE@



友だち追加

公式LINE@をはじめました。
友だち追加」を押してご登録ください。

公式LINE@に友達登録していただいた方には、メディア内では書けない情報などを不定期で配信しますので、ぜひご登録お願いいたします。

また、お友達登録していただいた方への特典として、あなたの電気代の年間コストがお安くなる方法をお伝えします。電気代を安くするために費用がかかったり何か制限を受けることはありませんのでデメリットは特にありません。

-投資
-, , ,

Copyright© ハチスタイル , 2017 All Rights Reserved.